09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

なぞの工房活動記録

モンハン好きによるフリーダムなブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

「電撃・ランディープ」ソロ攻略 

現状で最難関と言える鬼畜イベントクエ「電撃・ランディープ
攻撃力が異常に高く、ちっとも怯まないG級ラギア亜種の狩猟クエスト
行けば分かりますが体力も非常に多く、ソロクリアは困難です

しかし!強いからってあきらめたらそこで試合終了なんだよ!!
作戦をよく考えて挑めばどんな敵でも勝てる・・・はず

クリアする上で何より大切なのは「生き残ること
3死で失敗してしまっては せっかくの苦労も水の泡
防具は可能な限り強化しておきスキルも防御系を優先します
でもそれだけじゃ倒せないので武器も考えないとダメですね

この手の鬼畜クエストは敵の「全体防御率」が強く設定されています
これはダメージ計算時に使われる隠しパラメータで
肉質無視のものを含めたほぼ全ての攻撃のダメージを軽減させます
これが強力になっているおかげでタフさが増すわけです
(単純に体力が多かったり、怯み値が高かったりもしますが)

無敵に思える全体防御率にも抜け道があって、
「部位に関係なく体力を減らすダメージ」は軽減されません
代表的と言うかほぼこれしかありませんが「」のダメージです
2ndGで毒片手が非常に強かったのはこのためです

片手剣は回避が安定していて保険のガードもあるので生存率も上がります
強力な毒属性を持つ片手剣はというと、
アサシンカリンガ→シャドウサーベル→
邪閃エペ=ギルタナス(攻撃322 毒400 スロ2)」

もしくは「覚醒」が必要になりますがより属性値の高い、
ダーティバロン→「ダーティグラフ(攻撃322 毒550 スロ3)」

自分は苦手なので使っていませんが、ランスでも
セインランス→アズールクレスト→シャドウジャベリン→
邪槍ルーンネブラ(攻撃506 毒520 スロ1)」が強力

付けられるスキルを考えると邪閃のほうがおすすめ
最優先で欲しいスキルはインチキ攻撃力で真価を発揮する「根性
次いで回避をより安定させる「回避性能+1(+2)」
あとは好みで「加護」「回復量」等の防御補助や「特殊攻撃」「観察眼」等の攻撃補助を

持っていくアイテムは「薬草10・アオキノコ10・ハチミツ10」の調合回復セットは必須
足りなさそうならば「活力剤10・ケルビの角15」のいにしえ調合
それでも足りなければ「栄養剤グレート5・マンドラゴラ10」の秘薬調合も
ついでに「増強剤5+マンドラゴラ」で活力剤を追加してさらに いにしえ調合
それでもまだ足りないなら「生命の粉・竜の爪」で生命の粉塵を使い回復も
それでもまだまだ足りないなら普通のラギア亜種で立ち回りの練習から始めるべき

地味に有効なのが「タンジアチップス
所持数は5個ですが赤ゲージを即座に回復できるので回復薬の節約になります
「閃光玉」も攻撃用ではなく緊急時に安全を確保する道具として役立ちます
そして忘れてならないのは「捕獲用麻酔玉・シビレ罠(落とし穴)」
討伐しようとすると時間が危なくなるので必ず持って行きましょう
罠をスルーして逃げられると泣くに泣けないので巣で捕獲したほうがいいです

奇面族の踊りは回復系を・・・と言いたいところですが、
受けたダメージを放置したまま踊りを待つのは危険極まりないので
攻撃・防御系か特別欲しい効果がある踊りがおすすめ
お面は攻撃・捕獲に使える「落とし穴のお面」
どうせすぐ死ぬからダメージを優先の「大砲のお面」
いやいや死なずに頑張ってもらおう「最高のお面」・・・まぁお好みで
特技はハンターと合わせて「毒攻撃の印」にしておくといいかも


3死で失敗せず順調に毒状態にできれば40分前後で捕獲できるはずです
続きで片手剣での対ラギア亜種の立ち回り
まず戦い方はとにかく「いのちだいじに
片手剣でも距離を開けられたらすぐに武器を納めておく
納刀状態からの武器出しガード(R+X+A)も必ず出せるように練習

ニュータイプになるんだ

【各攻撃の対処】
・各種ブレス
頻繁に来る攻撃チャンス
後退しながら吐いてくるが素早く近づいて切りつける
吐き終わったあとのスキはあまり無いので欲張らないこと
離れていると拡散ブレスを避けづらいので向かって右側斜め前にダッシュで接近

・放電(蓄電)
厄介な攻撃の一つだが予備動作を覚えていれば見てから攻撃中止でガードが間に合う
放電しながら体を揺らすため当たり判定も地味に動く
ガードが発動しなかったからと言って途中で解除すると思わぬダメージをもらうことも

・大放電
ダメージは即死クラスで範囲も絶大
密着してガードしても仰け反ってほぼ確実に周囲の雷球を喰らう
1~2回前転で離脱したあと納刀してダッシュで撤退が比較的安全
ダッシュし始めた時点で放電開始し、範囲内にいると感じたらジャンプ回避も
これを出されても死ななくなるため根性スキルがあると心に余裕ができる

・帯電突進
突進自体はそうそう当たらないものの周囲の雷でバカにならないダメージを受ける
攻撃中ならやや運任せになるが尻尾方向へ回避で避けられることもある
それ以外ならガード安定
予備動作が非常に短いためニュータイプ能力が試される・・・

・タックル
大放電に次いで大きなダメージを受ける攻撃
追尾性能は高いが頭側に歩きつつタイミングよく前転でまず当たらない
溜めている段階で腰のあたりに自分が居る場合はガードしたほうが良い

・振り向き噛み付き
亜種限定の攻撃パターン
サイズが大きいためか胸に密着していれば意外と当たらないことが多い
不安ならタイミングよく回避やガードで対処

・回転攻撃
密着していればあまり使ってこない
タイミングよく回避を合わせる
頭と尻尾で2回攻撃判定があるので頭を避けても油断しないように
オトモ狙いで出したこの攻撃がかなり厄介で被弾しやすい

・まとめると
ブレスはチャンス、大放電以外の電撃はガード、それ以外は回避

【攻め方】
基本は柔らかい胸を狙っていくが、絶対に欲張らない
コンボは(ジャンプ斬り→)斬り上げ→斬り下ろし→横斬り以内で終わらせたほうが良い
水平斬り、斬り返し、回転斬りはガードにつなげるまでに少し時間がかかるため
蓄電に対処しづらいので明らかなチャンス時以外は使わないほうが安全

蓄電さえガードできるようになれば特に怖いのは大放電ぐらいなので
なるべく密着して慎重に確実に手数を稼いでいく
尻尾も比較的柔らかく切断で素材も手に入るが、
ソロだと狙うのにいちいち回り込む必要があるので手数が減りがちになる
胸狙いで被弾が多すぎる時は狙ってもいいかもしれない

怯みにくく部位破壊は時間の無駄なので頭は完全に無視するように

回復はブレス以外の攻撃を、当たらない位置で出したのを確認してから行う
焦ってしまってただ離れただけで回復薬を飲んでもブレスや突進で追撃されるだけ
砥石はエリア外に一旦逃げてから使うほうが良い

ちなみにサイズはおそらく固定で3204.68㎝の銀冠

攻略とは言ったものの結局の所は
「避けて防いで斬り続けろ」という身も蓋もない話だった・・・
爆破よりも火や龍よりも毒属性が効果的←これが言いたかった

カテゴリ: MH3G

テーマ: モンスターハンター3(トライ)G

ジャンル: ゲーム

タグ: MH3G  G級  攻略 

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocottopokke.blog97.fc2.com/tb.php/310-37e7aae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

カレンダー

検索フォーム

アクセスカウンター

ゲームブログランキング

MHXザコモンス仕事しすぎ問題

MHFフィギュア

ブロとも申請フォーム

QRコード

旧称:辺境の狩人による活動記録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。